スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle3の内部制御コマンドの入力方法

08 30, 2010
Kindle3の内部制御コマンドの入力方法がKindle2から変更になっていました。Kindle2ではSerch Barを表示して";debugOn"を入力してからコマンド名の前に"`"を付ける方法でしたがKindle3では少し異なるようです。最初に”;debugOn”を入力するところまではKindle2と同じですが、その後はSYMキーから"~help"のように"~"をつける方法に変更になったようです。

"~help"で表示させたコマンドリスト
screen_shot-3056.jpg


HOME画面でDELキーを押すと、画面下にサーチバーが出てきます。SYMキーから";"(セミコロン)を選択し、キーボードから"debugON"と入力し、";deubgOn"になっていることを確認して、SYMキーで開いている数字記号ポップアップを閉じます。これでKindle3にコマンドを入力する準備が整いました。ここでは何も起こりません。

screen_shot-3057.jpg


次に、DELキーで画面下にサーチバーを出し、SYMキーで数字記号ポップアップから"~"(チルダ)を選択し、続けてキーボードから"help"を入力します。SYMキーで開いている数字記号ポップアップを閉じ、"~help"となっていることを確認し決定ボタンを押します。するとコマンドリストが出てきます。

Kindle2ではdebugモードを抜けるにはリブートが必要だったように記憶していますが、Kindle3では";debugOff"と入力するとノーマルモードに戻ることができるようです。

まとめ
  • debugモードはKindle2と同様に";debugOn"で入ることが可能
  • 内部制御コマンドはコマンドの頭に"~"(チルダ)を付ける(SYMキーから入力)
  • Kindle3ではリブートせずに";debugOff"にてdebugモードから抜けることが可能
Posted in Kindle
プロフィール

Author:hondamarlboro
ガジェット好きの普通のサラリーマン。持つことでテンションは最高潮となり、結局使いこなせずお蔵入りになることがしばしば。当ブログはコチラに引っ越しました。

最近のつぶやき

Twitter < > Reload

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。