スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhoneのUI画像をUIKit Artwork Extractorでぶっこ抜く【動画あり】

08 08, 2010
iPhoneに含まれる各種UI画像を確認してローカルディスクに保存することを可能にする”UIKit Artwork Extractor”を試してみた。このアプリを使うとiPhone4のRetina Display対応画像を抽出すことも可能になる*。iOS4.0へのバージョンアップとiPhone4のRetina Display対応によりiOS3.1.xの画像構成から大幅に変更されているので、解析するには最高のツールだろう。なおシュミレータを使うので実機は使用しない(つまりJailBreakは不要ということ)。
*正確には開発環境にある画像をシュミレータを使って取り出すということ。

UIKit_Artwork_Extractor1.png


準備するもの
・iOS4.0対応したバージョンのXcode(使用したのは3.2.3)
・UIKit Artwork Extractorのソース - 0xced / UIKit-Artwork-Extractor

手順
・アプリのソースをダウンロードし、Xcodeから開いて「ビルドと実行」
・iPhoneシュミレータでデバイスとバージョンを指定
・ホームスクリーンから"Extractor"を起動

できること
・全画像(PNG形式)の一括保存
・一覧から画像確認・個別保存
・絵文字の確認・保存
・glossyボタンの作成(3パターン。高さ、幅、RGB、アルファ値指定可)

画像ファイルの保存先
ローカルディスクの”~/Desktop/UIKit Artwork Extractor-version/”ディレクトリに保存される。SpringBoardや各framework名に応じてサブディレクトリが作成される。


画像一覧から選択したところ。シングルタップで背景削除の機能もある。
UIKit_Artwork_Extractor2.png

絵文字一覧
UIKit_Artwork_Extractor3.png


ボタンを作成できる。テキストは仮で配置できる。
UIKit_Artwork_Extractor4.png


UIKit Artwork Extractorを実際に使用してみたところ



動作環境
MacBook(MB404J/A) Mac OS X 10.6.4
Xcode3.2.3
Posted in iPhone
プロフィール

Author:hondamarlboro
ガジェット好きの普通のサラリーマン。持つことでテンションは最高潮となり、結局使いこなせずお蔵入りになることがしばしば。当ブログはコチラに引っ越しました。

最近のつぶやき

Twitter < > Reload

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。