スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

kindlefeeder.comのRSSフィード配信サービス(Kindle3編)

09 19, 2010
RSSフィードをKindleに配信するサービス kindlefeeder.com についてKindle3用に課金なしで自動配信させる方法をまとめました。1) Kindle3ユーザ、かつ2) kindlefeeder.comの有料会員の方であれば可能です。

IMG_0964.jpg


kindlefeeder.comのサイン・アップの方法や基本的な使い方はkindlefeeder.comというRSSフィード配信サービス(Kindle2編)を参照してください。有料サービス(年会費US$19.95)に登録したら次の設定を行ってください。

スケジュール自動配信の設定方法
ログイン後のDashboadの左下に"Your delivery schedule"がありますので、”Edit schedule”から詳細設定画面に進みます。自動配信を有効にするために、"Check this box to turn on automatic scheduled delivery"にチェックを付けます。自動配信を中止した場合はこのチェックボックスを外します。

自動配信のスケジュールは月曜日から日曜日まで1日2回まで時間指定できます。ただし米国東部時間のため-13~-14時間(DSTによって時差幅が異なる)の時差を計算して指定しておきます。わたしは新聞記事などの時事関連ニュースの情報収集として活用していますので、出勤前と帰宅前の時間帯にあわせています。

kindlefeeder-delivery-setting.png


次に配信方法で"Emailed"を選択します。WIFI+3G版ユーザが"Wireless"を選択してしまうと、kindlefeeder.comの送信先が@kindle.com宛で固定(ユーザは変更不可能)されているので、米アマゾンからWhispernet利用料を課金されてしまいます。Emailedオプションにしておくと@free.kindle.com宛に送信しますのでWIFI経由で自動で本体に取り込まれるため課金されません。

なお、WIFI版ユーザは"Wireless版"でも課金されません。EmailedにするとPC側にもメールが届いて煩わしいので、WIFI版ユーザなら”Wireless”オプションがおすすめです。

設定が完了したら、"Save Delivery Preferences"をクリックして保存します。

kindlefeeder-delivery-setting2.png


配信結果はkindlefeeder.comのDashboard画面右下の"Your recent deliveries"で確認できます。kindlefeeder.comは@kindle.com/@free.kindle.comに配信していますので、その先の手元のKindle3に配信したかどうかはAmazonのManage Your Kindleの画面にある"Delivery status for"で確認することができます。

kindlefeeder.comのDashboard画面
kindlefeeder-delivery-status.png


AmazonのManage Your Kindleの画面
amazon-delivery-status.png


Kindle3にはkindlefeeder.comに登録したRSSフィード(有料は制限なしですが、無料は12個まで)をすべてまとめたAZW形式ファイルが配信されます。WIFI非接続環境でも次回接続時に過去の配信分も取り込まれ、HOME画面にkindlefeeder-MM-DD-HHHHが表示され、左側には新着マークの"new"が付きます。ファイルを開くと、まずフィード毎に記事のインデックスが並び、その次に各記事の内容が続きます。

フィードと記事のインデックスのページ。word数は何をカウントしているのか不明です。5wayキーで選択・決定すると目的の記事にジャンプできます。"Next Feed""Previous Feed"でフィード単位の移動が可能です。

kindlefeeder-list.jpg


記事の先頭にある”TOC”は、Table Of Contentsのことで一番最初のインデックス画面に戻ることができます。記事中のリンクを選択するとブラウザが起動します。

kindlefeeder-article.jpg



Kindle2はできないの?
Kindle2でも本体への直接配信が可能です。ただしWIFI接続できないためWhispernet経由せざるを得ずkindlefeeder.comの年会費とは別に米アマゾンから1MBあたりUS$0.99が課金されます。
kindlefeeder.comというRSSフィード配信サービス(Kindle2編)
Kindle3に@kindle.com/@free.kindle.comを利用してファイルを取り込む場合の課金について

無料版では自動配信されないの?
定期的に自動で配信させるには有料サービス(Paid premium service:年間$US19.95)が必要になります。

動作環境
Kindle3 WIFI版 3.0.1(525120101)
Posted in Kindle
プロフィール

Author:hondamarlboro
ガジェット好きの普通のサラリーマン。持つことでテンションは最高潮となり、結局使いこなせずお蔵入りになることがしばしば。当ブログはコチラに引っ越しました。

最近のつぶやき

Twitter < > Reload

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。