スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kindle US & International Wireless の使用レポート(購入編)

10 25, 2009
Twitterで、いよいよAmazon Kindleが米国外でも利用できるようになった、というニュースを聞きつけ、10月7日(日本時間)の発表当日に勢いで購入ボタンをポチッと。初めて海外サイトからの買い物だったが、先日なんとか手元に届いた。まだまだ使い込んでいないため、まずは購入までのレポート。


Amazon Kindle


ちなみに、購入後の料金は一切かからない。Amazonで電子ブックを購入する際の課金のみで、実際に現物を購入するよりも価格は安く設定されている。また、3G回線でどこでもダウンロードできるが、AT&Tのローミングを使用するための通信料はAmazonが負担している。こういう事実は購入ボタンをクリックしてから知ったから恐ろしい。。。

1.Amazon.com(US)のアカウントが必要
まず、このKindleは日本では購入できない。Amazon.co.jpにアクセスしたら日本語の広告はでているものの、詳細をクリックするとUSのAmazon.comに遷移する。当然だが、USのAmazonのアカウントがなければ購入できない。日本で発行されたクレジットカードで登録は問題ない。

2.登録住所は気をつけて
日本語で登録できるかどうかは試してないけど、さすがに英語でしょw ここ間違うと届かないしね。

3.購入
あとは日本と同じ。深呼吸してポチッと行くだけ。

4.受け取り
Twitterで関税と消費税の都合で宅配ボックスは使えないという指摘を受けたが、Amazonは購入時にDepositで前払いなので平気。何はともあれ、日本とほとんど同じ感覚で購入できた。おかしな国内の通販会社よりもよっぽどしっかりしている。

徐々に更新していく予定?w
スポンサーサイト
Posted in Kindle
プロフィール

Author:hondamarlboro
ガジェット好きの普通のサラリーマン。持つことでテンションは最高潮となり、結局使いこなせずお蔵入りになることがしばしば。当ブログはコチラに引っ越しました。

最近のつぶやき

Twitter < > Reload

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。