スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[UPDATE2]Nexus OneのカスタムROMとか導入してみた

06 13, 2010
Androidってよくわかんない。iPhoneのSpirit、PwnageTools、redsn0wなどのようなjailbreakツールがないので(あるのかもしれないが)、初心者にとっては取っ突きにくい感じ。実際、結構しんどい。(iPhoneとの比較ばかりになるが)iPhoneと違ってハードの種類がたくさんあるし、Android2.2(Froyo)も出たばかりなので、自分が何から始めたらよいのかがイマイチわからない。正しい方法か、順番か、ファイルかわからないけど備忘録として残しておく。

R0010733.jpg


Bootloaderをunlockする
メーカー保証がなくなるので一瞬だけ躊躇した。Android SDKは既にインストールしてあるので、fastboot.zip( How to unlock the bootloader on your Nexus One)をダウンロード・解凍。Nexus Oneの電源オフにして、トラックボールを押しながら電源オン。BOOTLOADERメニューが出てくるので、FASTBOOTを選択した状態で電源ボタンを押す。母艦に接続してTerminalから "./fastboot-mac oem unlock" と入力。"Yes Unlock bootloader(and void your warranty)"を選んでreboot。

リカバリイメージを書き換える
リカバリイメージをダウンロード([Recovery] [30-May-2010] RA-nexus-v1.7.0.1)する。NormalとCyanogenMODがあって、どういう違いがあるのかわからなかったのでNormalバージョンにした。ただ、この後に導入するCustom ROMはCynogenModだったのでCyanogenMODバージョンを入れた方が良かったのかも。

電源オフにして、トラックボールを押しながら電源オン。BOOTLOADERを選択。母艦のTerminalから "$ ./fastboot-mac flash recovery recovery-RA-nexus-v1.7.0.1.img" と実行する。

root化する
nexus-addon-0.1-signed.zip をダウンロードし、Nexus Oneに挿入してある microSD にコピー。Nexus Oneを電源オフ。トラックボールを押しながら電源オン。RECOVERYを選択してリカバリーモードへ。一応、メニューのbackupでroot化するまえの状態でバックアップをとっておく。次に"Flash zip from sdcard"からコピーしたnexus-addon-0.1-signed.zipを選択する。終了したらreboot。

カスタムROMをインストールする
カスタムROMはいろいろあるようだけれども、よく見かけるCyanogenModのものを入れてみた。update-cm-5.0.7.1-N1-signed.zipgapps-passion-EPE54B-signed.zip をダウンロードして、microSDにコピーする。リカバリーモードに入ってwipeで"Wipe data/factory reset" を選択し、"Flash zip from sdcard" でダウンロードしたzipファイルをインストール。完了後にreboot。

cm5071-n1.png


---- Updated on June 15, 2010 ----
CM-5.0.7.1はApps2SDにも対応しているようなので入れてみた。iPhoneと違って本体側のメモリが少ないのでインストールできるアプリの数に制限が出たりするらしい。標準では本体デバイス側にしかインストールできないが、これを導入するとmicroSDカード側にインストールするできる。

apps2sd.png


SettingsのApplicationsを見ても、Apps2SDの項目が非活性化の状態なので、microSDカード側のパーティンション設定してやることで選択可能になる。

n1-partitioning.jpg


まず、Nexus Oneを再起動してリカバリーモードへ。メニューから"Partition sdcard"を選択し、SDカードをフォーマットするが、このときswap=0、ext2=512MBに指定する。フォーマットが完了したら、メニューから"SD: ext2 to ext3"を選択して処理完了したら、今度は"SD: ext3 to ext4"を実行する。終了したらreboot。

SettingsのApplicationsでApps2SDの項目が活性化されているはずなのでチェック。Manage applicationsでインストールされているアプリがどこにインストールされ、データ容量などが確認でき、microSDカードに移したり、戻したりすることができるようになる。System系はコワイのでそのままにしてある。

---- Updated on June 18, 2010 ----
Android2.2(Froyo)には標準装備されているテザリング機能。Andoroid2.1(Eclair)ではroot化することでカスタムROMを適用することでも、Andoroid Marketからアプリをインストールすることでも可能になる。Nexus Oneを黒SIMで運用しながら、iPhoneを使いたくなることもある。こんなときにテザリングは威力を発揮してくれる。せっかくCM-5.0.7.1を適用しているので他の方法でインストールしてみた。

まず、wireless_tether_2_0_5-pre2.apk をダウンロードし、microSDのdownloadディレクトリにコピーする。Settings>ApplicationsでUnknown sourcesにチェックし、Nexus One側のファイルマネージャー(例えばASTRO File Manager)から先程コピーしたファイルをタップしてインストールを選択するだけ。

wireless-tether.png


スポンサーサイト
Posted in Nexus One
プロフィール

Author:hondamarlboro
ガジェット好きの普通のサラリーマン。持つことでテンションは最高潮となり、結局使いこなせずお蔵入りになることがしばしば。当ブログはコチラに引っ越しました。

最近のつぶやき

Twitter < > Reload

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。