スポンサーサイト

-- --, --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新しい「代助のブログ」からのご挨拶

05 24, 2011
このたび当ブログは独自ドメインを取得し、新しいサイトへの引越しがほぼ完了いたしましたのでご案内いたします。

新サイト:代助のブログ - サイト名称は同じですが、以前のサイトは便宜上、「旧」と付けました。内容は、これまでどおりガジェット好きの普通のサラリーマンのブログです。iPhone、iPad、Kindle、Desire等をメインにいろいろな実験をしています。


blogtop


Twitterを初めてからブログに興味を持つようになり、ブログを設置してから早いもので1年8ヶ月が経過しています。当初は自分の興味の対象について徒然に書き綴ったエントリですが、いつの間にか多くの方々に支えていただくようになりました。本当にありがとうございます。あらためて心より感謝申し上げます。

実は、開始当初はまったく予想しておりませんでしたが、徐々に読んでいただく方を意識し始めまして、ブロガー諸先輩のサイトを拝見しながら、自分も「もっと自由にアレンジしたい」という想いがフツフツと湧き上がってきました。ちょっと調べてみますと、一昔に比べてドメイン取得・維持費用、レンタルサーバー費用も格段に安くなっていたことも相まって、この際思い切ってと、かねてから興味があったWordPressを使い、そしてどうせなら自分のドメインも取得してと欲を出して引っ越すことにしました。

これからもいろんなことにチャレンジしていきたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

旧サイトについて
当面は「旧 代助のブログ」として継続します。ただし、新サイトへの移行はほぼ完了しておりますので、今後、旧エントリのメンテナンスおよび新しいエントリは新サイトにて更新させていただきます。また、コメントも新サイトに移行済みですので旧サイトのコメント欄はクローズいたしました。
FC2 Management
Posted in その他

AppStoreの購入実績がわかるMac OS X用アプリを試してみた

05 10, 2011
自分がAppStoreでアプリをどのくらい購入したか気になりませんか?そんな方にピッタリなMac OS Xのアプリがありました(Twitter仲間の @ThugStyle4ever さんに教えていただきました)。AppStoreのアプリで高額なものはあまりありませんが塵も積もれば山となる。わたしの場合は米国アカウントと合計しておよそ10万円分、400アプリ(無料アプリ込み)を購入していました。キャンペーン時期に無料でダウンロードした場合などは考慮されていませんのでおよその目安と考えた方が良いようです。金額順にソートしたり、CSV形式でエクスポートすることも可能ですから、ダウンロード済みアプリから購買傾向を分析するのも面白いかもしれません。

AppStore Expense Monitor


AppStoreは2008年7月に発売されたiPhone 3Gと同時にサービスインしましたのでほぼ3年になります。年間3.3万円ですから月間3千円程度、1日に換算してしまえば自動販売機の缶コーヒーも買えない程度です。そう考えるとけっして高くはないです(と信じましょう)。ダウンロードしたアプリの数は年間130本で月間10本程度ですから、3日に1本はダウンロードしたしている計算です。

iPhone 3Gが発売されて以降、iPhone 3GS、iPhone4、iPad1、iPad2とそれぞれの機種で楽しめていますし、夢中になっているのも有料、無料問わず多数のアプリのおかげだと思っています。これは失敗したなぁと思うがアプリもそうそうありませんし、これからもガンガン行きたいと思います。

購入実績を確認するアプリはこちらから
App Store Expense Monitor

参考エントリ
開発者とユーザーの信頼関係 - App Storeカスタマーレビューの改善要望に思うこと | 代助のブログ

Posted from dPad on my iPad2
Posted in iPhone

iPadにピッタリな小物も収納できるスタンドを買って来た

05 08, 2011
iPad2を購入してから本当によく触っています。自宅ではソファに座りながら膝の上や、ひじ掛に置いたりしてニュースを読んだり、ブログを書いたり、Twitterしたりしています。使用頻度も上がり充電回数も多くなったのですが、ソファの横にあるコンセントに差してiPad2は床に直置きの状態でした。iPad1の時にはあまり気にならなかったのですが、ちょっとあんまり味気ないのでスタンドを買ってみました。

リビングで使うのでいわゆる家電色が強くないものが欲しかったのでロフトへ。税込1,575円ですが見た目は安っぽさもなく、iPadだけではなく小物も収納できます。また柔らか目のゴムですがiPadをしっかりホールドしてくれますしなかなか気に入りました。iPad2はSmart Coverを付けてちょうど。iPad1はそのままでギリギリなのでケースやバックカバーを付けると入らないと思います。


CREMONA DESK ORGANISER1

CREMONA DESK ORGANISER3

CREMONA DESK ORGANISER4


グリーンを購入しましたが、その他にもブラック、ピンク、ブルー、レッド、ターコイズ、バイオレットがありました。ロフトに行く前はマガジンラックのようなものを予定していましたが、実際に行ってみないと分からないものです。マガジンラックより安上がりでしたし、いい買い物しました。





Posted from dPad on my iPad2
Posted in iPad

iPadのある休日の午後

05 05, 2011
null


大型連休も終盤に差し掛かった休日の午後、iPad2を携えて散歩に出てみた。つい先日は満開だと思っていた桜並木はすっかり新緑をたたえ初夏を思わせる佇まい。近所のスターバックスでテイクアウトしたキャラメルマキアートを遊歩道のベンチで啜りながらボンヤリ。時間がゆっくりと流れる。良きかな。

Posted from dPad on my iPad2
Posted in iPad

これが未来の電子書籍なのか?アル・ゴア氏著書『Our Choice』アプリが素晴らしい

04 30, 2011
地球温暖化を解決するための提言をまとめた『Our Choice(邦題:私たちの選択)』がiPhone/iPad向にAppStoreから電子書籍アプリとしてリリースされました。内容的には1年以上前に紙で出版されているものですし、英語版しかありませんでしたが、英語の勉強を兼ねて購入してみたところこれが素晴らしいのでご紹介します。

Ground position with SmartCover

Standing position with SmartCover


それもそのはず。リリース元となるPush Pop Press社は、AppleでiPhone、iPad、Mac OS Xのユーザーインターフェースのデザインに携わっていたMike Matas氏が起業した会社でした。ワード検索やブックマーク、メモ機能こそありませんが、iPhone/iPadのマルチメディア機能を思う存分に発揮しています。読んで、触れて、聞いて、観て、楽しく学びながら読む新しい感覚、最高の電子書籍体験をどうぞ。


Our Choice 1.0App
iPhone 3GS、iPhone 4、iPod touch(第3世代)、iPod touch (第4世代) および iPad 互換 iOS 4.2 以降が必要
カテゴリ: ブック 価格: ¥600
更新: 2011/04/28


起動すると、まず、アル・ゴア氏のメッセージとアプリの操作方法がムービーで流れます。これらの動画はスキップすることが出来ます。

IMG_0042

IMG_0043


移動の画面構成は上部をスワイプするとチャプター移動、下部はチャプター内のページを移動し、見たい該当のページをピンチアウトまたはダブルタップするとページが開きます。

IMG_0044

IMG_0045


イラストや写真のなかにはこのように綴じ込まれているものがありますので、左右にピンチインまたはタップして広げることができます。アクションがアニメーション付きなので自分で広げている感覚で操作できます。

IMG_0046

IMG_0048


もちろんこれだけではありません。イラストや写真についている地球儀マークをタップすると世界地図が表示され、ロケーションと自分の現在地(GPSがオンの場合)が表示されます。

IMG_0049



手のひらマークのアイコンが付いたイラストとにはいろいろな機能が埋め込まれています。ピンチアウトまたはタップするとスクリーン全体に広がります。

IMG_0054

IMG_0055


この辺を触って!という白い円がグラフの上を走ります。このインストラクションに従って右端をタップ&ホールドすると、項目の内訳と説明が表示されます。

IMG_0056


今度は、ページに埋め込まれたイラストに再生マークのボタンがあります。タップして見ましょう。アニメーションを見ながら、アル・ゴア氏本人の肉声による解説を聞くことができます。一度タップすると一時停止ボタンと最下部に再生時間もロケーションバーが表示されます。ピンチインすると縮小され、ページ内の元の位置で継続して再生させることもできます。

IMG_0057

IMG_0058


そして数字だけではなく、それが何を意味するのかをイラストとアニメーション、解説で学ぶことが出来ます。項目を順番にタップしたり、季節のダイヤルを回したり、地域ごとのデータが表示されたり。このエントリでは紹介しきれない仕掛けがたくさんあります。

IMG_0061

IMG_0065

IMG_0070




美しい写真と動画、イラスト、アニメーションと音声解説の数々が圧倒的なリアリティをもたらしてくれます。また、驚くべきはこれだけのリッチコンテンツでありながらiPad2はもちろん、iPad1でも軽快に動作することです。高いクオリティかつスムーズで快適なタッチパネル操作が読み進める楽しさを体感させてくれます。今のところ英語版しかなく、かつ600円の有料アプリではありますが、将来の電子書籍を感じるには非常にお買い得感があります。

同時に不安というか興味がひとつ。このコンテンツの作成に要した期間やコスト等がビジネスとして成り立つのか気になります。クオリティは高いものの、コンテンツを作り込みすぎてリリースのタイミングを逸したり、一般的には割高な価格設定になってしまうことも考えられます。あるいは紙で出版して得た利益を電子書籍アプリというリッチコンテンツにリパッケージして比較的廉価でリリースすることで、リピーターの獲得や紙媒体では興味を示さなかった層にもアプローチ可能なのかもしれません。いずれにしろビジネスとして考えた場合のマーケティング戦略はよく練る必要がありそうです。

このようなアプリが電子書籍のスタンダードになるとは思いませんが、ユーザとしては夢が広がるばかりです。日本語の電子書籍はメーカーや出版社、キャリアの連合軍が乱立している状況です。フォーマットや印税、アップル社の課金システム等、いろいろと課題はあるのでしょうけど、ワクワクして心踊るような電子書籍が出てくる日を期待して止みません。







Posted from dPad on my iPad2
Posted in iPad
プロフィール

Author:hondamarlboro
ガジェット好きの普通のサラリーマン。持つことでテンションは最高潮となり、結局使いこなせずお蔵入りになることがしばしば。当ブログはコチラに引っ越しました。

最近のつぶやき

Twitter < > Reload

最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
RSS
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。